ありがとう

サラは11月5日のお昼前、ハビ兄さんと同じ
日々通った公園の前の道で
虹の橋へと駆け上っていきました。

たくさんの方にメールをいただき、
たくさんの方がサラのことを想ってくださったこと、ほんとに感謝しています。

悲しい事実を受け入れるのに、まだまだ時間がかかりそうな私です。
ハビのときにはサラがいてくれました。
それまで以上に私の中に分身のように
サラがいてくれたので、私はハビの死を乗り越えられました。
でも今は・・・

時々激情にかられて泣きわめいているときは
レイラはドン引きでクレートに行ってしまいますが
それ以外のときは
私の横にぴったりと寄り添ってくれています。
優しい子です。
レイラも寂しさ、戸惑いを感じてることと思います。
一緒に乗り越えていかなくては。

この小さな命、大事にしていかなくてはいけません。

それから皆様、ご厚意でいただくお花
とてもとても嬉しくありがたいと思うのですが
わずか半年の間に、2度もいただくお花たちを見ていると情けなくなるのです。

どうか、お気持ちだけください。
サラを思い出して一緒に泣いてくださっている、というメッセージだけでありがたくて
とても心が温まります。
勝手なお願いでごめんなさい。
すでにくださった皆様、本当にありがとうございました。
サラが柄にもなく、きれいなお花に囲まれて女の子に見えます(笑)


記録としてまとめをあちらに書きました。
ここにはお写真だけ、載せていきますね。
[PR]
by habihabisarasara | 2012-11-06 12:04 | 愛犬

愛犬とパン作りとコーラスをこよなく愛するhabimamaの日常


by habihabisarasara
プロフィールを見る
画像一覧